TOP

生まれ変わっても風俗で遊び倒したいほど風俗好きの体験談を載せています。

梅田の風俗で感じた気恥ずかしさが懐かしい

初めて梅田で風俗を利用し始めたころは、自分自身に気恥ずかしさのようなものがあったのも事実なんです。お店の前を何往復もしたりとか(苦笑)やっぱりまだまだ慣れていないのと自分が可愛いって部分もあったんでしょうね。
でも風俗の世界に慣れるようになってからはそういったこともなく、思う存分楽しませてもらっています。むしろあの時の気恥ずかしさを少しでも思い出した方が良いんじゃないかなってくらいですよね。今では出入りする際に周囲を確認するようなこともありませんし、風俗店の待合室で他に誰かいても特に問題ありません。前は待合室でも誰かと一緒だとなんとなくそわそわというか、気まずい雰囲気を自分で感じてしまっていましたけど、でも最近ではそういったこともなく、普通にリラックスして楽しませてもらっています。
風俗も慣れが大切なんだなってことですので、まだまだドキドキしながら風俗を利用している人も、いずれはそのドキドキも感じなくなりますよ(笑)大阪梅田の風俗なら全店制覇して嬢とも常連とも顔なじみなので、いつでも案内できます(笑)

風俗における信念ですよ

いわば風俗における信念のようなものでしょうか。自分が風俗を利用しているのは自分自身の信念のためなんですよ。
風俗を利用するようになってからどれくらいの期間が経ったのかは分かりませんが、一つだけ言えるのは風俗は楽しいということですね。女の子選びにせよ、自分自身が納得して風俗を楽しむようにしています。惰性で利用するよりも、自分自身の楽しみたいって気持ちを何よりも優先するようにしています。むしろこの気持ちこそ、風俗を楽しむ上で何よりも大切になるものなんじゃないかなって思っているんですよ。
少し格好つけすぎかもしれませんが、風俗だって自分がお金を出してサービスを受けるものです。いわばサービス業である以上、自分自身が納得したいって気持ちを持っていても何ら不思議ではありませんからね。関西なら梅田や難波のどの風俗店に入っても、最近ではどの女の子も可愛いくて綺麗な子が増えているので、こういった信念をあまり意識しなくとも常に満足させられています。昔に比べて便利になったと思うこともありますが、風俗の楽しさは変わりません。